FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊縛

女性を縄を使って拘束する場合、血を止めないよう注意が必要です。
良く、間違えやすいのが、とにかく動けないように、きつく縛ればいいと思う人がいることです。

女性の体は、繊細です。
その体を縛るのに、きつく縛ってしまうと血を止めてしまうことになります。
また、無理に締めたり引っ張ったりすると、関節を痛めたり筋肉を痛める原因になります。
そこら辺のことを理解して緊縛する必要があります。

俺の場合は、気持ち余裕を作って縛るようにします。
ただし、後で締めることが出来るように考えてますが…
   (女性によっては、縄の跡が付くのが好きな人がいるので)

ここで、M女性は縄酔いの症状が出る人がいますが、縛る方にとってはこの瞬間がたまらないですね。
M女性にとっては、縛られ動けなくなっていく感触が安心感を与えるのか、それともその後の展開に興奮するのかは分かりませんが、この時点でアソコは、ヌルヌルに成っています。
縛られることにより、体の自由を奪うことが出来るため、Sとしての興奮は高まります。
特に、奴隷の行動を自分が管理することの楽しみは、他に代え難いものがあります。

縄で縛ると女性の美しさが一層引き立つ事は間違い有りません。
そんな縛り方を研究するのもまた一興です。

縛りは、相手を傷つけることもあると言う認識の元、縛りましょう。
最悪の場合を考え、縄を切ることが出来る物を準備することは必要です。

奴隷と言っても、人間です。限界をわきまえて実施する必要があります。
長くパートナーと楽しむためにも、考えて実行しましょう。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。